検索

嚥下障害に対する神経筋電気刺激における2Chと4Chの効果検証-無作為化比較試験

嚥下障害に対する神経筋電気刺激における2Chと4Chの効果検証-無作為化比較試験


Clinical effectiveness of the sequential 4-channel NMES compared with that of the conventional 2-channel NMES for the treatment of dysphagia in a prospective double-blind randomized controlled study. J Neuroeng Rehabil. 2021; 18: 90.

Kyoung-Ho Seo , Joonyoung Jang , Eun Gyeong Jang , Yulhyun Park , So Young Lee , Bo Ryun Kim , Donghwi Park , Sungwon Park , Hyeoncheol Hwang , Nam Hun Kim , Byung-Mo Oh , Han Gil Seo , Jun Chang Lee , Ju Seok Ryu

PMID: 34059092 PMCID: PMC8165767 DOI: 10.1186/s12984-021-00884-6


No.2022-03

執筆担当:長崎リハビリテーション学院 森 健次郎

掲載:2022年2月18日


【論文の概要】

嚥下障害に対する神経筋電気刺激療法(NMES)は有効であると認知されており、2Ch使用で行うことが多い。本研究は、嚥下障害に対する2Ch NMESと4Ch NMESの効果をランダム化比較試験にて調査した。23名の嚥下障害患者を対象に、2Ch NMES群と4Ch NMES群にランダムに割り当てた。電流パラメーターは周波数80Hz、パルス時間300μs、電流強度は最大許容量、電極は2 Ch NMES群は顎二腹筋(1Ch)、顎舌骨筋(2Ch)、4Ch NMES群は顎二腹筋(1Ch)、顎舌骨筋(2Ch)、甲状舌骨筋(3Ch)、胸骨甲状筋(4Ch)に貼付、刺激順は2Ch NMES群1Ch、2Ch同時刺激、4Ch NMES群は1Ch、2Ch同時刺激から開始し3Ch(150ms後)、4Ch(250ms後)、刺激時間30~40分、2週間刺激した。評価は、Video fluoroscopic Dysphagia Scale(VDS)、Functional oral intake scale(FOIS)、Penetration-Aspiration Scale(PAS)測定した。結果、両群ともVDSスコアは改善を認め、FOIS、PASは4Ch NMES群が有意に改善を認めた。


【解説】

嚥下障害に対するNMESの有効性については報告1)されており、2Ch使用し行うことが多い。しかし、舌骨上筋は舌骨下筋よりも早く活動する2)ため、2Chの同時刺激では嚥下過程での通常の筋収縮を誘発することはできないとされている2,3)。本研究は嚥下障害者を対象に実施者、評価者で盲検化したランダム化比較試験にてNMESを実施している。結果、両群とも嚥下機能は改善し、4Ch使用では嚥下機能が有意に改善した。刺激時間、介入期間にばらつきがあり、また、4Chで特に連続した刺激に耐えられず、電流強度を下げた症例も存在していることから純粋なNMESの効果かは不透明な点があるが、嚥下障害に対するNMESの介入方法の選択肢として、一考の価値があると思われる。


【引用・参考文献】

1) Lee HY, Hong JS, et al.: Changes in hyolaryngeal movement and swallowing function after neuromuscular electrical stimulation in patients with dysphagia. Ann Rehabil Med. 2015; 39(2): 199-209.

2) Park D, Lee HH, et al.: Normal contractile algorithm of swallowing related muscles revealed by needle EMG and its comparison to videofluoroscopic swallowing study and high resolution manometry studies: a preliminary study. J Electromyogr Kinesiol. 2017; 36: 81-89.

3) Kiger M, Brown CS, et al.: Dysphagia management: an analysis of patient outcomes using VitalStim therapy compared to traditional swallow therapy. Dysphagia. 2006; 21(4): 243-253.

閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示