5月17日(日)

|

東京医療学院大学

超音波療法と電気刺激療法のコンビネーション治療の理論と実際 in 関東

臨床において安全かつ効果的に超音波療法を実施するために必要な基礎知識と治療技術の習得を目指します。また、超音波療法の標準的治療に加えて電気刺激療法とのコンビネーション治療などの応用について紹介します

お申し込みの受付は終了しました。
他のセミナーを見る
超音波療法と電気刺激療法のコンビネーション治療の理論と実際 in 関東

日時・場所

2020年5月17日 13:30 – 16:40 JST

東京医療学院大学, 日本、〒206-0033 東京都多摩市落合4丁目11−11

ウェビナーについて

講師:森下 勝行(城西国際大学)

場所: 東京医療学院大学 物理療法室 W102  

https://www.u-ths.ac.jp/campus/access.html

受付開始:13:00~

【参加費】

日本物理療法学会会員(2019年度) 1,000円

非会員 8,000円

当日学会入会希望者 6,000円(※年会費5000円を含む金額です)

※実技を行いますので、上下肢を露出しやすい服装(ジャージ、ハーフパンツ等)のご準備をお願いいたします。

※会場は駐車場がありませんので、公共交通機関のご利用をお願いいたします。

チケット設定

価格

数量

合計

  • 日本物理療法学会会員

    ¥1,000

    現地現金払い

    ¥1,000

    0

    ¥0

  • 非会員(一般)

    ¥8,000

    現地現金払い

    ¥8,000

    0

    ¥0

  • 当日学会入会希望者

    ¥6,000

    現地現金払い 【2019年度(2019.9.1~2020.8.31)年会費5000円を含んでおります】

    ¥6,000

    0

    ¥0

合計

¥0