7月31日(金) | WEBセミナー(ウェビナー)

機能的電気刺激(FES)療法の実際

機能的電気刺激療法(FES)は電気刺激を用いて各々の麻痺筋を収縮させ,合目的動作を再建しようとする治療法です。近年、刺激装置の選択肢が増え、より身近な治療手段となってきていると思います。FESの有用性・治療メカニズムを研究データなどからひも解くとともに、実際の治療場面(特に急性期)での注意点や、患者さんの変化などを提示します。
定員に達したためお申込みの受付は終了しました。
機能的電気刺激(FES)療法の実際

日時・場所

2020年7月31日 21:00 – 22:00 JST
WEBセミナー(ウェビナー)

イベントについて

講師:久保田 雅史 (福井大学医学部付属病院)

受付は20:30から開始いたします

zoomで参加する際には必ずお申し込みされたお名前でご参加ください。

もしお名前が確認できない場合は強制退出とさせていただきます。

申し込み完了後、すぐにご指定のメールアドレスに参加のご案内が送付されます。

迷惑メールに割り当てられる可能性がありますので、

あらかじめoffice@jseapt.comからの受信を許可していただきますようお願いいたします。

もしメールが届かない場合は学会事務局までお問い合わせください。

本セミナーはzoomを利用して実施いたします。zoomのインストール方法( https://bit.ly/3071PBT )、zoomの参加方法(https://youtu.be/p2x9hh8Vo2k)、オーディオの設定方法(https://youtu.be/RDz24Y7qUio)をあらかじめご確認ください。

定員に達したためお申込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア