1月28日(金)

|

ウェビナー

脳卒中後の運動麻痺・痙縮に対する振動刺激

講師:宮良 広大 先生(鹿児島大学病院)

脳卒中後の運動麻痺・痙縮に対する振動刺激

日時・場所

1月28日 19:00 – 20:00

ウェビナー

ウェビナーについて

・Zoomを用いてウェビナーを実施したします。申し込み後zoomへの事前参加登録への案内メールが送付されます。

・メールを受信しない場合は事務局までご連絡下さい。迷惑メールに分類される場合がありますので、携帯キャリアメールでのご登録はお控えください。

【スケジュール】

18:50~ 入室開始

19:00~ 講義開始(45分)

19:45~ 質疑応答(15分)

20:00  終了

【講師】

宮良 広大 先生(鹿児島大学病院)

【論文】

・Miyara K, Etoh S, Kawamura K, et al. Effects of lower limb segmental muscle vibration on primary motor cortex short-latency intracortical inhibition and spinal excitability in healthy humans [published online ahead of print, 2021 Nov 1]. Exp Brain Res. 2021;10.1007/s00221-021-06257-8. doi:10.1007/s00221-021-06257-8

・Miyara K, Kawamura K, Matsumoto S, et al. Acute changes in cortical activation during active ankle movement after whole-body vibration for spasticity in hemiplegic legs of stroke patients: a functional near-infrared spectroscopy study. Top Stroke Rehabil. 2020;27(1):67-74. doi:10.1080/10749357.2019.1659639

・Miyara K, Matsumoto S, Uema T, et al. Feasibility of using whole body vibration as a means for controlling spasticity in post-stroke patients: a pilot study. Complement Ther Clin Pract. 2014;20(1):70-73. doi:10.1016/j.ctcp.2013.10.002

・Miyara K, Matsumoto S, Uema T, et al. Effect of whole body vibration on spasticity in hemiplegic legs of patients with stroke. Top Stroke Rehabil. 2018;25(2):90-95. doi:10.1080/10749357.2017.1389055

・宮良 広大, 松元 秀次, 上間 智博, 廣川 琢也, 野間 知一, 池田 恵子, 下堂薗 恵, 川平 和美:脳卒中片麻痺下肢への全身振動刺激 (Whole body vibration) による痙縮抑制効果-誘発電位F波を用いた検討- .理学療法学 42(2) 90-97 2015年

チケット設定

価格

数量

合計

  • (一社)日本物理療法学会 会員

    ¥500

    日本物理療法研究会会員、日本理学療法士協会会員ではありませんのでお間違えないようご注意ください

    ¥500

    0

    ¥0

  • (一社)日本物理療法学会 会員外

    ¥2,000

    ¥2,000

    0

    ¥0

合計

¥0