3月22日(日)

|

桜十字福岡病院

臨床症状から見た歩行障害に対する電気刺激療法の選択 in 九州

電気刺激療法は理学療法の選択肢を増やし、限られた時間の中で、歩行能力向上に必要な質と量を担保できます。しかし、多忙な臨床現場では、どのような症状に対して、どういった電気刺激療法を選択するのか悩むセラピストを見かけます。今回、脳卒中患者の歩行能力を改善するために、病態に応じた電気刺激療法の選択方法について解説するとともに、研究データを提示しながら臨床場面で活用できる知識と技術を提供します。

お申し込みの受付は終了しました。
他のセミナーを見る
臨床症状から見た歩行障害に対する電気刺激療法の選択 in 九州

日時・場所

2020年3月22日 14:00 – 17:10 JST

桜十字福岡病院, 日本、〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目5−11

ウェビナーについて

講師: 光武 翼(福岡国際医療福祉大学) 

場所:桜十字福岡病院 10F リハビリテーション室 https://www.sj-fukuoka.or.jp/about/access/ 

受付開始:13:30~

【参加費】

日本物理療法学会会員(2019年度) 1,000円

非会員 8,000円

当日学会入会希望者 6,000円

※会場は駐車場がありませんので、公共交通機関のご利用をお願いいたします。

チケット設定

価格

数量

合計

  • 日本物理療法学会会員

    ¥1,000

    現地現金払い

    ¥1,000

    0

    ¥0

  • 非会員(一般)

    ¥8,000

    現地現金払い

    ¥8,000

    0

    ¥0

  • 当日学会入会希望者

    ¥6,000

    現地現金払い 【2019年度(2019.9.1~2020.8.31)年会費5000円を含んでおります】

    ¥6,000

    0

    ¥0

合計

¥0