検索

低出力レーザーの変形性膝関節症における痛みと能力障害への効果:システマティックレビューおよびメタ分析

低出力レーザーの変形性膝関節症における痛みと能力障害への効果:システマティックレビューおよびメタ分析


Efficacy of low-level laser therapy on pain and disability in knee osteoarthritis: systematic review and meta-analysis of randomised placebo-controlled trials

Martin Bjørn Stausholm, Ingvill Fjell Naterstad, Jon Joensen, Rodrigo Álvaro Brandão Lopes-Martins, Humaira Sæbø, Hans Lund, Kjartan Vibe Fersum, Jan Magnus Bjordal

BMJ Open 2019;9:e031142. doi:10.1136/bmjopen-2019-031142

PMID: 31662383 PMCID: PMC6830679 DOI: 10.1136/bmjopen-2019-031142


No.2021-14

執筆担当:関西福祉科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 梛野浩司

掲載:2021年5月11日


【論文の概要】

変形性膝関節症(Knee Osteoarthritis: KOA)に対する主要なガイドラインには低出力レーザー(low level LASER: LLLT)が含まれていない。これは、過去のシステマティックレビューが原因と考えられるが、このレビューでは世界レーザー療法学会(World Association for LASER Therapy: WALT)が提唱する治療容量に準拠していない論文も含めてレビューされていたためと考えられる。そこで、本論文ではKOAに対するLLLTの効果をWALTが提唱する容量を満たしている論文とそうでない論文とに分類し、その効果についてメタ分析を行った。

結果、2735論文のうち基準を満たしていた22論文(n=1063)でメタ分析を行った。痛みについてはVASで標準化し、全体で検討すると治療終了時点でプラセボと比較して14.23mmのより大きい低下(95%CI 7.31-21.14mm)を認め、治療終了後1-12週のフォローアップにおいても15.92mmのより大きい低下(95%CI 6.47-25.37mm)を認めた。WALTが提唱する容量を満たしている論文と満たしていない論文に分けて分析した結果では、満たしていたものではプラセボと比較して18.71mmのより大きい低下(95%CI 9.42-27.99mm)を認め、1-12週のフォローアップでは23.23mmのより大きな低下(95%CI 10.60-35.86mm)を認めた。一方、満たしていないものとプラセボとの比較では、治療終了時点で6.34mmのより大きな低下(95%CI 1.26-11.41mm)であったが、1-12週のフォローアップでは有意な差は認められなかった。能力障害についても同じような結果が確認された。


【解説】

 本論文はthe Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-Analyses statement(PRISMA statement)1)に準拠して実施されておりバイアスの報告、論文内容の統合についても示されている。そうしたプロセスを経てメタ分析を行った結果、本論文はLLLTの照射量についてWALTが提唱している容量に準拠することでKOAの痛みを大きく低下させることができることを示唆している。しかし、本論文では痛みと能力障害についてのみであり、QOLについては分析されていないため今後の研究に期待したい。

WALTが提唱しているKOAに対するLLLTの容量は照射部位ないし照射面積では3-6、光エネルギーでは12Jとしており、最低でも1箇所4J以上としている2)。光エネルギー(J)は出力(W)×照射時間(s)で求めることができるがレーザー治療機器により用いられるレーザー光によってその波長が異なると、治療に必要な出力が異なることを忘れてはいけない。WALTは785-860nmの波長では1箇所について4-8J、904nmでは1-3J3)としている。様々な物理療法機器においても適切に使用することが重要であること意味しており興味深い。また、本論文では考察の中でそれぞれの研究論文ではパラメーターについては十分示されているが、その機器がキャリブレーションされたかどうかについては述べられていないことを問題として提起している。


【引用・参考文献】

1) Moher D, Liberati A, Tetzlaff J, et al. Preferred reporting items for systematic reviews and meta-analyses: the PRISMA statement. PloS Med 2009;6:e1000097.

2) WALT. Recommended treatment doses for low level laser therapy 780-860 nm wavelength: world association for laser therapy, 2010. Available: http:// waltza. co. za/ wp- content/ uploads/ 2012/ 08/ Dose_table_ 780- 860nm_ for_ Low_ Level_ Laser_ Therapy_ WALT- 2010. pdf

3) WALT. Recommended treatment doses for low level laser therapy 904 nm wavelength: world association for laser therapy, 2010. Available: http:// waltza. co. za/ wp- content/ uploads/ 2012/ 08/ Dose_table_ 904nm_ for_ Low_ Level_ Laser_ Therapy_ WALT- 2010. pdf


75回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

黄色ブドウ球菌のバイオフィルムに対するヘマトポルフィリンモノメチルエーテル(HMME)を介した低周波・低強度超音波の透過効果

黄色ブドウ球菌のバイオフィルムに対するヘマトポルフィリンモノメチルエーテル(HMME)を介した低周波・低強度超音波の透過効果 The penetration effect of HMME-mediated low-frequency and low-intensity ultrasound against the Staphylococcus aureus bacterial biofilm Ta