検索

脳卒中後尿失禁患者に対する神経筋電気刺激療法の有効性。ランダム化比較試験

更新日:3月3日

脳卒中後尿失禁患者に対する神経筋電気刺激療法の有効性。ランダム化比較試験。

Gai-Yan Guo, Yong-Gang Kang. Effectiveness of neuromuscular electrical stimulation therapy in patients with urinary incontinence after stroke. Medicine (Baltimore). 2018 Dec; 97(52).

PubMed PMID: 30593142 DOI: 10.1097/MD.0000000000013702


No.2020-01

執筆担当:

和歌山国際厚生学院

福井 直樹

掲載:2020年12月28日


【論文の概要】

 脳卒中後の尿失禁(UIAS)は脳卒中患者の50%以上に影響を与えるとされている。UIASは発症1年後でも15%の患者に残存するとされ、不安症、うつ病などの心理的問題にも関連する。本研究はUIASに対するNMESの効果をランダム化比較試験にて調査した。82名のUIAS患者を対象とし、NMESグループと偽NMESグループにランダムに割り当てた。NMES介入は陽極を第2仙髄レベルの腰部に貼附し、陰極は上前腸骨棘と坐骨結節の中間もしくは下部3分の1に貼附した。電流パラメーターは周波数50Hz、パルス時間250μsec、オンオフ時間10sec / 30sec、電流強度は最大許容量、刺激時間は30分間、1日1回収5セッション、全10週間刺激した。評価はMain Outcomeに尿流動態とOveractive Bladder Symptom Score (OABSS)を測定し、Secondary OutcomeとしてInternational Consultation on Incontinence Questionnaire-Short Form (ICIQ-SF)とBarthel Index (BI)を測定した。結果、偽NMESグループと比較してNMESグループがUIASの治療により高い有効性があることが明らかになった。


【解説】

UIASに対する介入としては、運動療法(膀胱トレーニング、一定間隔での排尿、体液量の管理)1)、骨盤底筋筋力増強2)、NMES3,4)、薬、手術、吸水パッドや尿道カテーテル等があるが、効果が不十分である。本研究はUIAS患者を対象に実施者、評価者、解析者で盲検化したランダム化比較試験にてNMESを実施している。結果、UIAS症状を改善し、10週間後のADLとQOLが向上した。背部から腹部にかけて電極を貼附し最大許容量での電気刺激を実施している為、絞扼性イレウスのリスクが気になるが、複数の先行研究も同様の電極貼附部位であり副作用報告はみられていない。電流強度を軽減させても同様の効果が見込めるのか、フォローアップはどうなのか不透明な点もあるがUIASに対する介入として一考の価値があると思われる。


【引用・参考文献】

1) Schreiber Pedersen L, Lose G, Hoybye MT, et al. Predictors and reasons for help-seeking behavior among women with urinary incontinence. Int Urogynecol J 2018;29:521–30.

2) Nilsen I, Rebolledo G, Acharya G, et al. Mechanical oscillations superimposed on the pelvic floor muscles during Kegel exercises reduce urine leakage in women suffering from stress urinary incontinence: A prospective cohort study with a 2-year follow up. Acta Obstet Gynecol Scand 2018;97:1185–91.

3) Guo ZF, Liu Y, Hu GH, et al. Transcutaneous electrical nerve stimulation in the treatment of patients with poststroke urinary incontinence. Clin Interv Aging 2014;9:851–6.

4) Liu Y, Xu G, Luo M, et al. Effects of transcutaneous electrical nerve stimulation at two frequencies on urinary incontinence in poststroke patients: a randomized controlled trial. Am J Phys Med Rehabil 2016;95:183–93.

152回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

黄色ブドウ球菌のバイオフィルムに対するヘマトポルフィリンモノメチルエーテル(HMME)を介した低周波・低強度超音波の透過効果

黄色ブドウ球菌のバイオフィルムに対するヘマトポルフィリンモノメチルエーテル(HMME)を介した低周波・低強度超音波の透過効果 The penetration effect of HMME-mediated low-frequency and low-intensity ultrasound against the Staphylococcus aureus bacterial biofilm Ta