top of page
検索

糖尿病性足潰瘍に対する電気刺激の効果:システマティックレビュー

The effects of electrical stimulation on diabetic ulcers of foot and lower limb: A systematic review.

Gianluca Melotto , Thanaporn Tunprasert , Jacqueline Rachel Forss

Int Wound J. 2022. 19(7):1911-33.

PMID: 35112496 PMCID: PMC9615295 DOI: 10.1111/iwj.13762


No.2023-04

執筆担当: 関西福祉科学大学 植村 弥希子

掲載:2023年3月8日


【論文の概要】

糖尿病性足病変(Diabetic Foot Ulcer: DFU)は糖尿病患者の1/3が罹患すると言われており、DFU患者の約3割が最終的に切断に至る可能性がある。QOLだけでなく医療経済的にも問題視されている。電気刺激療法は慢性潰瘍の治癒促進効果を有する非侵襲的な治療手段であることから、DFUに対する効果のシステマティックレビューを行った。計560本の論文から不適切な論文を除外し、最終的に7本の論文で解析した。3本は低強度の直流電流を、4本はパルス波を採用しており、その内1本は単相性のHVPCで残り3本は交流であった。3本の論文で電気群の治癒率は有意に高く、2本の論文で面積治癒率は有意に改善したが、治癒期間を比較した論文(1本)では差は認められなかった。電気刺激はDFUの治癒を促進させる可能性があるが、患者背景やサンプルサイズ、異なる刺激条件での比較などの問題があるため、今後は広範かつ包括的な研究が必要である。


【解説】

DFUは足部に発生することが多く、また、知覚障害を有するDM患者であればその発生リスクは高くなる。本文中にもある通り、本邦でもその潜在患者数が指摘されており2022年度の診療報酬改定において運動器リハビリテーションの算定が可能となった疾患である。慢性潰瘍に対する電気刺激療法の効果は褥瘡や下腿静脈潰瘍においてその治療効果が論じられており1),2、DFUを対象とした研究も増えてきている。今回、RCTおよびretrospective studyを対象としたシステマティックレビューが実施されたが、Limitationにも記載されている通り、刺激条件やDFU患者の日常生活指導などが統一されていない。DFU患者では免荷(off-loading)が日常生活において重要であり、電気刺激療法はあくまで補助療法であることに注意が必要である。治癒期間についても比較している研究は少なく、介入開始時の創の大きさや介入期間にも差があるため、本論文のデーターだけでは十分に議論ができない。今後は条件を統一した方法での他施設研究などが望まれる。


【引用・参考文献】

1) Kawasaki L., Mushahwar VK., Ho C., et al. The mechanisms and evidence of efficacy of electrical stimulation for healing of pressure ulcer: a systematic review. Wound Repair Regen. 2014;22(2):161-73.

2) Miller C., McGuiness W., Wilson S., et al. Venous leg ulcer healing with electric stimulation therapy: a pilot randomised controlled trial. J Wound Care. 2017;26(3):88-98.

閲覧数:140回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page