top of page
検索

褥瘡治療における電気刺激の有効性・安全性:システマティックレビューとメタアナリシス

Effectiveness and safety of electrical stimulation for treating pressure ulcers: A systematic review and meta-analysis.Lian Chen , Yue Ruan , Yuxia Ma , Long Ge , Lin Han . Int J Nurs Pract. 2023 Apr;29(2). PMID: 35244315 DOI: 10.1111/ijn.13041


No.2023-06

執筆担当:医療法人富田会 富田病院 木村 文彦

掲載:2023年5月31日


【論文の概要】

褥瘡の治療において電気刺激が臨床的に用いられることが多いが、その有効性や安全性、問題点などは明らかでない。そこで褥瘡治療における電気刺激の有効性と安全性に関する定性的なエビデンスを統合することを目的にシステマティックレビューを行った。結果、740人の患者を含む17のランダム化比較試験が本研究に含まれた。8つのランダム化比較試験のメタ分析では、電気刺激が標準的な創傷治療のみ、またはシャム刺激と対比して、潰瘍表面を有意に減少させることが示された。9つの研究では、電気刺激によって褥瘡が完全に治癒する可能性が対照群よりも高まることが示された。3つの研究では、副作用は希であったと報告されている。本研究により、電気刺激は褥瘡治療において比較的有効で安全な補助療法であることが示された。


【解説】

褥瘡は治療が困難であり、患者・家族のQOLを大きく低下させると報告されている1)。

電気刺激(ES)は褥瘡の治療に広く用いられているが、ESが有効であるかどうかのエビデンスはまだ十分ではない。本研究においては潰瘍表面を有意に減少されることが示されているが、他のシステマティックレビューによる9件のランダム化比較試験と非ランダム化比較試験においては電気刺激を使用した場合と標準的な創傷治療との間で褥瘡の完全治癒に有意差はなかったとの報告もされている2)。電気刺激は比較的安全に使用できることからも臨床場面において選択が容易であり、その治療効果が望まれる。創傷治癒を改善させるかどうかについてのエビデンスを明らかとするため、今後の研究では大規模な臨床試験にも焦点を当てる必要があると考える。


【引用・参考文献】

1)Mohit Arora , Lisa A Harvey , Joanne V Glinsky , Lianne Nier , Lucija Lavrencic , Annette Kifley , Ian D Cameron. Electrical stimulation for treating pressure ulcers. Cochrane Database Syst Rev. 2020 Jan 22;1(1):CD012196.doi: 10.1002/14651858.CD012196.pub2.

2)Health Quality Ontario. Electrical Stimulation for Pressure Injuries: A Health Technology Assessment. Ont Health Technol Assess Ser. 2017 Nov 8;17(14):1-106.eCollection 2017

閲覧数:228回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page