top of page
検索

アスリートの足関節外側捻挫に対する神経筋電気刺激とキネシオテーピングの効果比較

The comparison of the effects of neuromuscular electrical stimulation and kinesio Taping on ankle swelling in athletes with lateral ankle sprain.

 

Vahid Mazloum,Hadi Akabari and Anis Gholampour

Journal of Experimental Orthpaedics (2023)10;63

 

No.2024-03

執筆担当 河西紀秀

掲載:2024年6月30日

 

【論文の概要】

この研究の目的は、足関節外側捻挫(LAS)を持つアスリートの足関節腫脹(AS)を軽減するためのキネシオテーピング(KT)と神経筋電気刺激(NMES)の効果を評価すること。研究には、片側足関節捻挫を持つ31名のアスリートが参加し、KT群(N=16、平均年齢24.1歳)とNMES群(N=15、平均年齢26.4歳)に無作為に割り当てられた。KTは5日間連続で適用され、NMESは前脛骨筋と腓腹筋に30分間適用された。評価指標には、体積測定、周囲測定、相対体積測定、および両足関節の体積と周囲の差が含まれる。結果、混合モデル反復測定ANOVAにより、介入前後およびフォローアップ期間中における両群間の平均変化には有意差が見られなかった(P>0.05)。KTとNMESのいずれの方法も、急性期のASを軽減する効果がないことが示された。この研究は、足関節捻挫後のリハビリテーションにおいてNMESおよびKTの適用が腫脹の軽減に効果的であるかどうかを調査したが、両方法ともに有意な効果を示さない結果であった。本研究の結果は、LASの急性期における腫脹軽減において、KTおよびNMESのいずれも効果的でないことを示唆している。

 

【解説】

足関節外側捻挫は様々なスポーツで発生する最も一般的なスポーツ傷害の一つです1,2)従来、足関節捻挫に対し腫脹を抑制するRICE処置が行われます。本研究では、RICE以外に腫脹の抑制を目的に電気刺激を用いた介入を選択3)。また、NMSEの機械的効果により足関節外傷後の浮腫を軽減させる可能性を検討している4)他にKTを足関節捻挫後に対する不安定性及び腫脹の軽減を試みる目的で使用されており、KTを使用した処置では、腫脹の軽減において良好な結果が報告されています5)しかし、ASに対するKT及びモーター電気刺激のそれぞれの効果、持続性を比較した結果では、LASを有するアスリートの急性ASを減少させるには至っていません。急性期における足関節捻挫後の治療プロトコルを検討する上で、考える機会となると考えられます。

 

【引用・参考文献】

1)Herbaut A, Delannoy J (2020) Fatigue increases ankle sprain risk in bad minton players: A biomechanical study. J Sports Sci 38(13):1560–1565.

2)Waterman BR, Owens BD, Davey S et al (2010) The epidemiology of ankle sprains in the United States. J Bone Joint Surg Am 92(13):2279–2284.

3)Gopalan A, Panneerselvam E, Doss GT et al (2020) Evaluation of Efficacy of Low Intensity Pulsed Ultrasound in Facilitating Mandibular Fracture Healing-A Blinded Randomized Controlled Clinical Trial. J Oral Maxillofac Surg 78(6):997.e1-997.e7.

4)Feger MA, Goetschius J, Love H et al (2015) Electrical stimulation as a treatment intervention to improve function, edema or pain following acute lateral ankle sprains: A systematic review. Phys Ther Sport 16(4):361–369.

5)Aguilar-Ferrándiz ME, Castro-Sánchez AM, Matarán-Peñarrocha GA et al (2014) A randomized controlled trial of a mixed Kinesio taping-com pression technique on venous symptoms, pain, peripheral venous flow, clinical severity and overall health status in postmenopausal women with chronic venous insufficiency. Clin Rehabil 28(1):69–81.

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page