検索

創面および周辺皮膚の深部組織の超音波画像評価:画像による分類

創面および周辺皮膚の深部組織の超音波画像評価:画像による分類


Ultrasound assessment of deep tissue on the wound bed and periwound skin: A classification system using ultrasound images

J Tissue Viability. 2021 30:28-35.

PMID: 32859473 DOI: 10.1016/j.jtv.2020.08.002


No.2021-23

執筆担当: 関西福祉科学大学 植村 弥希子

掲載:2021年9月1日


【論文の概要】

Deep Tissue Pressure Injury (DPTI)とよばれる潰瘍を伴わず下層組織内で発生する褥瘡がある。早期発見のために超音波やサーモグラフィなどの診断装置が利用されている。超音波による画像診断は多数報告されているが、適応症例や評価システムは確立されていない。本研究では体幹に褥瘡のある11症例を対象に、5-18 MHzプローベ(皮膚表面から20-30 mmの描出可能)を用い、18 MHzにて実施した。5名にCloud-like pattern、4名に敷石様、2名に創構造の不明瞭化が認められた。Cloud-like patternを呈した患者は全員悪化したが、敷石様を呈した患者は悪化しなかった。また、敷石様を呈した患者のうち2名に創周囲の皮膚にも敷石様の変化を認めたため、創周囲の皮膚および創の連続的な観察によりこれら2つを区別することが可能となる。創構造の不明瞭化を示した創はいずれも2週間で治癒した。本研究の限界として患者数が少ないこと、在院期間が短くフォローアップができなかったことがあげられるが、超音波画像診断装置がDPTIの予後予測に用いられる可能性が示唆された。


【解説】

DPTIは軽度の褥瘡と判別しづらく予後不良であることも多い。皮膚欠損がないまま深部組織が傷害されるため、肉眼での判別は困難となる。超音波画像診断装置を用いた評価は行われており、筋層の連続性が断たれているものや不均一な低エコー領域があるものは悪化しやすいと報告されている1)。しかし、創周囲の皮膚と創部の違いや描出画像による予後の違いについて言及されている報告はない。本研究は描出画像による予後予測の可能性を示唆しており、超音波画像診断装置の有用性について明らかにしている。ただし、DPTIの治療法は確立されていないため、早期画像診断だけでなく適した治療方針についても今後明らかにされることを期待したい。


【引用・参考文献】

1) Aoi M., Yoshimura K., Kadono T., et al. Ultrasound assessment of deep tissue injury in pressure ulcers: possible prediction of pressure ulcer progression. Plast Reconstr Surg., 2009;124(2):540-550.

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

黄色ブドウ球菌のバイオフィルムに対するヘマトポルフィリンモノメチルエーテル(HMME)を介した低周波・低強度超音波の透過効果

黄色ブドウ球菌のバイオフィルムに対するヘマトポルフィリンモノメチルエーテル(HMME)を介した低周波・低強度超音波の透過効果 The penetration effect of HMME-mediated low-frequency and low-intensity ultrasound against the Staphylococcus aureus bacterial biofilm Ta