検索

在宅神経筋電気刺激による足関節底屈筋力トレーニングは高齢者の姿勢安定限界を改善する

在宅神経筋電気刺激による足関節底屈筋力トレーニングは高齢者の姿勢安定限界を改善する

Antoine Langeard , Lucile Bigot , Gilles Loggia , Nathalie Chastan , Gaëlle Quarck , Antoine Gauthier . Plantar Flexor Strength Training With Home-Based Neuromuscular Electrical Stimulation Improves Limits of Postural Stability in Older Adults.J Phys Act Health. 2020 Jun 1;17(6):657-661.

PMID: 32432443 DOI: 10.1123/jpah.2019-0501


No.2021-07

執筆担当: 和歌山国際厚生学院 福井 直樹

掲載:2021年3月17日


【論文の概要】

60歳以上の高齢者は年間に平均1%安定性限界が低下することが報告されている。安定性限界が1cm減少することにより転倒のオッズ比を10%上昇させる。この減少は足関節の筋力に関連している。しかし、高齢者において足関節の底屈筋と背屈筋の訓練が安定性限界を拡大させるかについては知られていない。よって本研究は安定性限界に対して足関節底屈筋に対するNMESの効果を検証し、これらの効果が筋力の増加という形で計測可能かを検証する。対象は健常高齢者27名。評価は、股関節90度屈曲位で、3回の最大等尺性足関節底屈・背屈筋力を記録した。また、安定性限界を捉えることを目的としてフォースプレートに裸足で立ち、4方向(前後左右)の圧力中心の面積を計測した。NMESはパルス幅400μsの二相対称方形波を用い、刺激強度は、最大強度に設定し、順次サイクル数と周波数を増加させた(50Hz・42サイクルから70Hz・52サイクル)。結果、トレーニング前後で背屈筋35%、足底屈筋47%増加した。メディエーション分析では足底屈筋力に対してのみ有意なNMESトレーニング効果を示した。また、前方への安定性限界に対してのみ有意な効果があり、安定性の前方限界に対するNMESトレーニング効果は足底屈筋の筋力増強によって予測されると結論付けることができた。


【解説】

本研究は、足首の筋肉のNMESトレーニングが高齢者の安定限界を改善できることを示している。NMESによって足関節底屈筋力が向上したことは、他の研究と一致している。1)前方安定限界と足底屈筋力の関係はすでに報告があり、2)本研究では,NMESによって足関節底屈筋力を高めることで臨床的に安定限界を直接改善できることを明らかにした。今回の知見によって、転倒の危険性のある高齢者において、安定性の前方限界を維持することを考慮することができること、NMESトレーニングは安全で、利用しやすく、効果的な方法であることが明らかとなった。NMESは転倒予防プログラムでの有用性があると思われる。


【引用・参考文献】

1) Mani D, Almuklass AM, Amiridis IG, Enoka RM. Neuromuscular electrical stimulation can improve mobility in older adults but the time course varies across tasks: double-blind, randomized trial. Exp Gerontol. 2018;108:269–275.

2) Melzer I, Benjuya N, Kaplanski J, Alexander N. Association between ankle muscle strength and limit of stability in older adults. Age Ageing. 2009;38(1):119–123.

84回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

黄色ブドウ球菌のバイオフィルムに対するヘマトポルフィリンモノメチルエーテル(HMME)を介した低周波・低強度超音波の透過効果

黄色ブドウ球菌のバイオフィルムに対するヘマトポルフィリンモノメチルエーテル(HMME)を介した低周波・低強度超音波の透過効果 The penetration effect of HMME-mediated low-frequency and low-intensity ultrasound against the Staphylococcus aureus bacterial biofilm Ta